2009年04月30日

SHOXXロングインタビュー〜さざめく心の湖

090430_1216~0001.jpg
ようやくインタビューを読めました。グラビアがバックなので、活字が見にくいです。グラビアはグラビア、インタビューはインタビューで別れてたらいいなと思いましたが、誌面に限りがありますから無理な要求ですよね。

そっか、新メンバーはクロちゃんだったのか(笑)
猫パンチでタイコを叩くのですね。楽しみです。また来て四角の意味は竜太朗、正、アキラ、そしてクロですか。クロがカタカナ表記になっていたのも、来るべきプラ加入を想定してのものであったに違いありません。

ちなみに画像は角川映画『悪魔が来たりて笛を吹く』のパンフレットからです。決してショックスとか言う音楽雑誌ではありません。


それにしても、この湖はどこの湖なんでしょうか、激しく気になります。ドラマのロケ地とか気になるのです。場所を特定してわざわざ訪ねるのは趣味のひとつです。最近はドラマ自体を見ないので、ロケ地巡りはしませんけどね。ビーチボーイズのロケ地まで2回も行き、うち1回は偶然撮影中だったので、反町くんと竹野内くんを間近(でもないけど)で見ました。美味しかったですけど、真夏の炎天下、遅々として進まない撮影を遠巻きに眺めていた約100人の野次馬の熱意は、真夏の太陽よりも熱かったと思います。
話が脱線しましたけど、ショックスのロケ地は富士山周辺の湖で、バンガローもあるそうなので、常識的に考えると富士五湖のどれか、山奥の一本道でたどり着いたと言うことなので山中湖や河口湖じゃない残りのどれかってことになるのでしょうか。ロケ地ハンターとしては、特定しに行きたいところであります。もちろんフルートは忘れずにね(笑)
posted by 愛茉 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル

2009年04月29日

アキラ金物

2009042915150000.jpg
名古屋在住海月ののんちゃんからの妄想ネタです。ありがとうございます。

ネタのない時にお使いくださいとのことなので、さっそく使わせていただきますね。早い話がネタ切れです(泣)

久しぶりに、ホント久しぶりにSHOXXを買ったので、それについて書く予定だったのですが、忙しくてまだ読んでいません。いやしかし、あの湖の写真は、お美しいの一言に尽きますなぁ(涎

まぁそれについては明日にでも…。

で、アキラ金物ですが、会社名でアキラなんちゃらって名前は意外と見かけますね。しかも、カタカナ表記です。この会社のお隣が中山産業とかだったら笑えるんですけどね。

気になる新メンバーですけど、妄想写真家の愛茉としては、有りがちな名前であって欲しいと思います。ドラムのスタイルとかビジュアルは二の次三の次さ(笑)←なんか間違ってる気が

有りがちと言っても佐藤とか鈴木とかは却下です。中山明・長谷川正クラスの微妙な有りがち感が望ましいかと。ササブチヒロシ・有村竜太朗クラスはレベル高過ぎ(笑)
posted by 愛茉 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル

2009年04月28日

密林の梟

090428_1224~0001.jpg

アマゾンって新譜でもいきなりディスカウントしますよね。ありがたいことですけど、これじゃますます一般のCDショップは売れないでしょうね。
新譜はまず定価販売ですし、試聴も出来なかったり。ショップ特典でもなければメリットは余りないです。
ショップ特典の最たるものと言ったら、ライカのインストアイベントですけど、いつも発表が遅くて困ります。必ずしもやるワケでもないですから、早々と予約するのも躊躇われます。かと言ってモタモタしてると参加券に制限があったりしますしね。しかも、前日にフラゲした場合、インストア参加券は発売日にまた貰いに行かなくてはならないのもネックです。

って、そういう話をするつもりじゃなくて、アマゾンだと梟3種が定価4200円のところ、3842円で買えますよってことでした。通常盤は定価のままですが、初回限定は12%オフになっています。何故初回限定が割引なのかは不思議ですけどね。

そして、オフィでは曲目が発表されていなかった、カップリングのタイトルが出ていました。

『コンセント』

梟とコンセントですか、そうですか。

ユニバーサルの方にも出ています。

コンセントはアキラ曲なイメージですけど、果たして誰の曲でしょうね。
新曲が出る度に、作詞作曲の担当者を当てるクイズをやり、正解者にはプレゼントとかやったら面白そうです(笑)

梟の発売まで、あと1ヶ月ちょっとですね。その前にFC限定ライブツアーですけど。そこで梟が聴けるといいですね。
posted by 愛茉 at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル

2009年04月27日

きせかえ携帯顛末


すみません、また今日もきせかえ携帯の件です。
ようやくなんとかプラのきせかえ携帯に辿り着けました。まさに紆余曲折でした。って、こんなに大変だったのってあたしだけでしょうか。みなさんはすんなり辿り着けましたか?

まずは、今日もとりあえずPCのプラ公式サイトからリンク先に飛んでみたのですけど、これは昨夜と同じくグレイの画面でどうにもなりません。そこで、昨日見れた壁紙.comのサイトに行ってみます。その中のメニューから携帯待受のページに行き、出て来たQRコードを携帯で読み込んでみると、やれやれ、そこがようやくお目当てのサイトでした。

で、プラのモバイルサイトの方ですけど、こちらに記載されているURLはPCサイトのものとは微妙に違っています。が、携帯の方のURLからリンクさせても、現れた画面はPCと同じくグレイの固定された画面でした。少なくてもあたしの携帯の画面では正しいサイトに飛べません。

PCサイトの方について言うなら、最初からQRコードを載せておいてくれればいいのにって思いました。

それにしても、この混乱は個人的な問題なのでしょうかね。今朝コメントをくださった読者の方も、DLが出来ないだけで、目的のページには問題なく辿り着けたようですし、ネット上をちょっと見ても、問題にはなっていないように見受けられました。

とりあえず、あのグレイのサイトが気になります(笑)
あれはいったいなんなんでしょうか?

ちなみに、プラきせかえのDLページに辿り着けたし、あたしの携帯は対応機種であるのですが、デフォの待ち受けが気に入っているので、DLはしていません。苦労して辿りついたのにね(笑)  お気に入りの待ち受けと言うのは、アデリーペンギンのアニメで、これが好きで機種変する時も、わざわざカシオにしたくらいなので、たとえば、長谷川画伯のあのメンバーアニメとかでもない限り、変える気はないです。海月失格ですかね(笑)
まぁ、ソフトバンクの携帯が対応していれば、あのプラ携帯にDLさせるのですが、残念です。そして、ふと気になってコラボ携帯がどうなったか、ひさびさにコラボルタのサイトを開けて、プラ携帯をチェックしたら、さすがに販売終了となっていました。いまだに販売していたら、そりゃあ限定1000個は嘘くさくなりますもんね(笑) 完売したみたいでなによりです。
posted by 愛茉 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月26日

きせかえ携帯


22日に更新されたニュースですけど、きせかえ携帯のリンク先が見れません。みなさんはちゃんと見れますか?
自分のPCのせいだと思い、今日ネカフェに行った時にも試してみたのですが、やっぱりダメでした。
http://org.kabegami.com/をクリックすると、一応繋がるのですが、グレイの画面の上にこのURLが表示されているだけで、なんにも反応なしです。画面上のどこをクリックしても新たなページは開けません。
いったいどうなっているのでしょう?
今このURLを見て、ふと思ったのですが、これって正しくはhttp://kabegami.org.com/の間違いなのでは。と、変えてみましたが、違いました。
では、これではどうか。http://kabegami.com/
ようやくそれらしきサイトに繋がりましたが、今度はきせかえ携帯のページが見つかりません。携帯待受はあるのですが、それじゃないですよね。それどころか、iPhoneのきせかえらしきものならあるのですが、それでは話が逆です。う〜ん、いったいどうなっているのか。
それにしても、事務所の担当の方は、アップする前やアップした後に、確認しないのでしょうかね?
文章がおかしいとか下手クソとか以前の問題な気がするのですが。URLが正しくなかったら問題外でしょう。正確なURLはネットの命です。ちょっとでも間違っていたら、アクセス出来ないか、別なサイトに繋がるのですから。もっとしっかりして欲しいものです。

それはともかく、このきせかえ携帯ですけど、ソフトバンクには対応してないそうです。以前、プラ携帯を出したのはソフトバンクなのに、何故と思ったのはあたしだけではないはず。いや、別にどうでもいいんですけどね、あまり興味ないので(笑)
プラ携帯も購入したことを後悔してますし。月々の支払いも高いし、買ったはいいけど、あまり使っていないしで、限定の2文字に踊らされてついつい買ってしまいましたが、これからは踊らされないようにしなければ。
梟の3バージョンとかね(笑)
posted by 愛茉 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 公式情報

2009年04月25日

凡庸な逆回転その二十八ぜんぶネジ*レポ



凡庸もいつの間にか28回目です。節目の30回目にはきっと全部ネジなんだろうなって、前回の凡庸の時に思ったのですが、まさかのフェイントでした。28回目で全部ネジとは。しかも、全部ネジならO-EASTでも行けるくらいじゃない? って思っていたので、それが手刀だなんて。友人から情報を教えてもらった時には、何かの悪い冗談だと思いました。や、だって有り得ないじゃないですか。絶対無理!! って絶望の丘に立ち尽くしそうになりましたから。最近じゃロフトですらチケット確保するのが厳しくなって来ていて、うかうかしてるとソールドですから、なんで手刀でやるのか、ネジ太朗さんを恨みましたよ。よりによって全部ネジでキャパダウン。行けなかったらショックです。

ところが、諦めていたチケットがあっさり取れました。最近何故かチケ運がいいです。それもまずまずの整番でしたから。Zeallinkの前に早朝から並んだ甲斐がありました。もっともZeallink店頭チケットはシャッフル制なので、早い並び順が早番号ではないのが落とし穴なんですけどね。いいんだか悪いんだか不思議なシステムです。しかも、びっくりしたことに友人のe+先行で取れたチケットの番号と同じだったのです。手刀の入場順はZeallinkとe+が同時入場なので、友人と一緒に入れます。嬉しいと思ったら、残念ながら当日彼女はお仕事の都合で開場時間に間に合わなくなってしまい、一緒に入れなくなってしまいましたけど。他の友人たちとも番号が微妙にバラバラだったので、会場内では離ればなれでした。

そんな貴重なチケットでしたけど、なんととんでもなハプニングが起きました。つか、起こしました。自業自得でしたけど、危なかったです。
その日の昼間はお休み取った友人と一緒に吉祥寺で遊んでました。ランチしながらプラの今度のFC限定ライブのチケットの話題になった時のことでした。なんととんでもないことに気がついてしまったのです。凡庸チケットを家に忘れてるってことに。凡庸チケットを確かめようとしたワケではないのですが、何故か忘れていることに気がつくって不思議ですよね。でも、きっと人間の脳の記憶容量は莫大なもので、実は見聞きしたことはすべてとりあえず脳内に保存されているのではないかと、思っています。HDDに番組を丸ごと録画してしまうみたいにね。その中からほんの僅かな記憶だけが取り出されているんじゃないかと思います。だから、突然なんの脈絡もない過去の些細な出来事を思い出したり、今回みたいに忘れていることを思い出したりするのです。科学的根拠はないですけど、そんな気がします。
それはともかく、不幸中の幸いだったのは、まだ家に戻る時間の余裕があったことでした。これが池袋に着いてからでしたら、どこでもドアが無い限りアウトでしたからね。そう言う意味ではまだ運に見放されていなかったのかも知れません。時間を逆算してランチの後に井の頭動物園に行く当初の予定もクリア出来ることが分かったので、気持ちよく晴れた午後のひと時を久しぶりに動物園で過ごせました。
急いで家に帰りチケットを手にして池袋に着いたのは、5時ちょっと過ぎのことです。夕食を取り、友人達と合流して、いよいよライブです。初手刀です。つか、池袋でライブ自体初めてです。

開演まではいつもの凡庸と同様にステージにかかった幕に、映像が流されています。今回は桜をひたすら写した映像に『凡庸な逆回転その二十八 ぜんぶネジ』と書かれた紙を回転させた映像やそれを書いている映像でした。どうやらそれを書いているのはやすくんらしいです。途中クロネコのイラストのサービス付きでした。
開演は8時15分ですが、10分ほど押しました。途中アナウンスがあり、入り口付近が込み合っているのでもう少し奥に詰めるようにとのこと。それを聞いてみんなが取った行動は前に押すことでした。開演前に押してどうする(笑)
お馴染みになったTHE CUREのLULLABYが流れてメンバー登場です。トオルさん、ヒロさん、リュウジさん、そしてネジ太朗さんの順番。ネジ太朗さんの衣装は白のTシャツにグレイっぽいタンクトップをインナーにしてます。ボトムは全然見えません。最前じゃないと無理です。ネジラーさんは背の高い人が多くて、最初確保した位置からは、前の背高のっぽさんのおかげでネジ太朗さんが見えなさそうでしたが、幸い押したお陰で視界はクリアになりました。それでも胸より下は見えません。
1曲目は『春よ来い』か『ぼくたちの失敗』だと思っていたら、予想外の『SWEET MEMORIES』でした。聖子ちゃんの曲です。オリジナルではストリングスの静かなイントロで始まるこの曲も、ネジバージョンではダダダダっていきなり激しく始まります。最初聴いた時はまさか『SWEET MEMORIES』だと思いませんでした。そして2曲目には早くも新曲(と言ってもカバーですけどねbyネジ太朗)です。高橋真理子の『桃色吐息』ですけど、サビになるまでなんだか分かりませんでした。知っている曲なのに。SONG2が終わったあたりで最初のMCだったのかな。メモってないので不確かなんですけど。ちょっと今夜はネジ太朗さんの喉のコンディションが思わしくないようです。そのせいかマイクを盛んに気にしていて、それに対してネジラーさんの1人が『大丈夫だよ〜』って声をかけたら、ネジ太朗さんは『あなたにマイクの何が分かるんですか!?』みたいな軽いツッコミを(笑)
声の調子が悪いせいで、『ロビンソン』のサビの裏声のところもかなり苦しそうで、声が出ていませんでした。1部最後の『卒業写真』も音程があやふやだったのは、まぁいつものことですからハラハラしつつも至近距離のネジ太朗さんを満喫です。1部はセトリをご覧になれば分かるように、割と大人しめの選曲でした。

1部が終わったのが9時5分くらい。一旦幕が降りて、流れた映像は何と過去の凡庸ネジのステージでした。いろんなライブの時のものが編集されてます。懐かしいです。2部後の映像の時だったと思うのですが、その時に、いつだったかのほぼネジでやすくんと『飾りじゃないのよ涙は』を共演した時の物が流れましたが、やすくんに気がついたネジラーさんの反応が失笑って(笑)
10分近く待たされて2部の始まり。ご丁寧にまたまた『LULLABY』が流れました。場内ちょっと爆笑です。
2部の3曲目には新曲の安全地帯『ワインレッドの心』です。これまた王道の選曲です。そう言えば今夜の新曲って、かつて愛茉の旧ブログで行ったアンケート『凡庸で聴きたい曲』で選ばれた曲でした。読者の方の先見の明に乾杯です。
過去ログはこちら→http://yaplog.jp/verryjellyfish/archive/855

ネジ太朗さんの『ここって池袋だよね? いーけーぶーくーろーーー!!』のアオリで、『飾りじゃないのよ涙は』『涙のリクエスト』と会場はヒートアップしていきます。ネジ太朗さんの逆毛を立てた髪も大分汗まみれでペシャンと凹んで来ました。頭を振る度に汗が飛び散って、それがとっても綺麗に見えました。2部ではTシャツを黒っぽいものに着替えてました。『Romanticが止まらない』ではサビで折りたたみ式のノリまで出ました。もうほとんど某樹脂木バンドのライブと変わりません。初期の頃はみんな棒立ちで聴いていたのが信じられません。いつも通りに『悪女』で本編は終了です。

アンコール1では、まさかの『LULLABY』が流されました。あとでネジ太朗さんがMCで、さすがに3回目はスベッたと思たと言ってました(笑)
原点の曲『ぼくたちの失敗』をやり、『夢の中へ』では下手に煽りに来たネジ太朗さんのギターヘッドや指先に触れることが出来ました。3〜4列目から触れるのですから、いかに手刀が狭いハコなのか分かると言うものです。久しぶりにバトルエリアで参戦でしたけど、やっぱりライブは前で見るのがいいですね。このところずっと後方で大人しく聴いていたので、新鮮でもありました。汗だくで、しかも手がふやけましたけど。凡庸で指がふやける日が来るだなんて、かつて想像したことがあっただろうか、否ない(反語表現)。

今夜の凡庸を見れただけでも運がいいのに、それが前の方で汗まみれで暴れられたのは、きっとライブの神様からのプレゼントだったのでしょう。次回の凡庸がいつどこで行われるのかは、ネジ太朗さんでさえ分からないことだと思いますが、必ず参戦したいです。そして、節目の30回を超えても尚、ずっと続けて欲しいと思ったのでした。

そうそう、書き忘れました。この日の凡庸では、楽屋で流行ったとかで、メンバーはみんな大阪弁でした。ちょっと怪し気ではありましたけど、なかなか様になってました。あと、シャイなヒロさんがMCをネジ太朗さんに振られた時に、無理っ絶対無理!!って言ったのが可愛かったです。リュウジさんはネジラーさんから声をかけられる度に律儀に『はい』って返してたのが印象的でした。ネジ太朗さんは1部と2部で衣装を変えましたけど、アンコールでは1部の時のTシャツに戻しました。理由は洗濯するのが面倒だから(笑)

前で暴れてたおかげでメモれなかったので、記憶曖昧でレポらしきレポにならずすみません。最初、一瞬だけ後ろに下がろうかと思ったのです。これじゃメモが取れないだろうなって思い。でも、やっぱり前で見て良かったです。出来ればこの身が2つになればいいのにって思います。レポ要員愛茉1号と暴れ要員愛茉2号に(笑)
posted by 愛茉 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブレポ

2009年04月24日

ぜんぶネジ

090423_1912~0001.jpg
今夜の凡庸な逆回転その二十八はぜんぶネジです。まさかのぜんぶネジ!
しかも、会場はキャパ200ちょっとの池袋手刀(チョップ)です。チケット取れたのが奇跡でした。
それも割と整番が良かったのでした。取れただけでも有り難いと言うのに、なにこの運の良さは。まぁそれなりに涙ぐましい努力も惜しまなかったんですが。

とりあえず、セトリです。が、番号良かっただけに、前にいたのでメモれませんでした。なのであやふやです。順番間違えてるかも、抜けているかも。
その点はご容赦を。

1部
1.SWEET MEMORIES
2.桃色吐息
3.SONG2
4.オリジナル曲
5.Oh My Little Girl
6.ロビンソン
7.少年時代
8.TODAY
9.卒業写真


2部
10.春よ来い
11.木枯らしに抱かれて
12.ワインレッドの心
13.飾りじゃないのよ涙は
14.涙のリクエスト
15.そして僕は途方に暮れる
16.サボテンの花
17.Romanticが止まらない
18.悪女


en1
僕達の失敗
夢の中へ


en2
GARDEN


レパートリーは全部やりますとネジ太朗さんが言ってましたが、秋桜はやっていません。初期にはやっていたけど、もう長らくやってないです。好きなんですけどね、残念。
新曲は2曲目の桃色吐息と、12曲目のワインレッドの心です。

ライブの詳細レポは今夜か明日にアップしたいと思います。幸運にも参戦出来たネジラー(笑)のみなさん、お疲れさまでした。
posted by 愛茉 at 12:20| Comment(3) | TrackBack(0) | モバイル

2009年04月22日

テントチケット

本日無事に会報とテント公演のお知らせその他もろもろが届きました。
まぁいろいろ相変わらずツッコミどころ満載なんですが、会報が届く前にFC限定サイトのパスワードを変えてしまうのって、いったいどうよ!? とかね。
それはともかく、テントのチケットは今回はS席A席の別はないんですかね。アリーナ最前列と2階席最後列が同じ金額は納得行かないんですけど。せめて、アリーナ前ブロック・アリーナ後ブロック+1階スタンド・2階スタンドの3種類に分けてくれませんかね。前回のように席種を分けると面倒とかってことなんでしょうか。う〜ん。S席に特典ありは、勘弁してもらいたいですけど、あの時はそれが原因で武道館ブログが炎上したので、それに懲りたのかさすがに今回は特典はないですね。

で、気になったのは、今回のFCチケットは転売防止策なのでしょうけど、ロッピーによる発券ではなく、ロッピー入金・公演2週間前発送になったことです。チケットが届くまで席が分からないのは、もどかしいですよね。それと、来月のFC限定ライブでの注意事項では『購入されたチケットの定価以上での売買を禁じます』だったのが、『購入されたチケットの売買、譲渡を禁じます』にバージョンアップしていることです。FC限定ではそもそもID記名式チケットなので、売買はもちろん譲渡さえ不可能です。一方、武道館チケットは会員1人につき4枚購入出来るワケですから、おそらくID記名式ではないはずで、譲渡しようが売買しようが、それを確認する方法はないワケです。なんだか一貫性がないですよね。これじゃ単なる脅しに過ぎないかと。事務所側の不正転売を防ぎたい気持ちは理解出来ますけど、不正転売と適正価格での売買譲渡は分けて考えて欲しいものです。実効性のない規則なんて混乱の元になるだけですし、相互不信にも繋がりかねません。不正転売を繰り返す会員に一義的な非があるのは認めざるを得ませんが、それを長らく放置し実効性のある防止策を講じなかった事務所側にも問題はあるのではないでしょうか。事情が出来て行けなくなったチケットのキャンセルや売買譲渡まで禁じては、過剰反応としか言いようがありません。またそのために空席が出来たり、追加で参加出来るはずの人まで救われないことにもなるのです。

文句ばかりではあれですので、一応記しますが、今回の案内書には予約番号をメモするスペース、それもきちんと10桁の升目付きが出来たことは嬉しいですね。これで余白に書き込まなくても済みます。

ちなみに、予約番号を忘れると当落の確認が出来なくなり、当選していてもチケットが引き換えられなくなりますから、万が一に備えて、メモだけではなくて、携帯にメモしておくことをお薦めします。要は自分のPCメールから自分の携帯にメールするってことです。これなら二十三重にメモしたことになりますし、ロッピーの前で常に持ち歩いているであろう携帯をチェックすれば予約番号が分かると言うことです。メモ用紙とかって、意外に無くしがちですし、出かけた際に持っていない可能性もありますからね。

公演の告知から、チケット先行販売の告知、そしてチケット入手と段階を踏む毎にライブへの期待が高まるワケです。ライブが始まる前のこの段階が、実は一番楽しい時なのかも知れませんね。武道館まで後4ヶ月ちょっとです。
posted by 愛茉 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 公式情報

公開リハーサル急遽決定!!

まぁあれですよ、言わば公開リハーサルってことですか!?

5月16日のZepp Tokyoにおけるイベントライブに、急遽出演決定だそうですよ、お嬢さん。

詳しくは今すぐオフィシャルサイトへ急げ!
先行販売って、今日ぢゃないですか。

FC限定ライブの前日の公開リハーサル&客寄せパンダってことで(笑)
posted by 愛茉 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル

2009年04月21日

が〜ん(ノ_・。)


今日の午後3時から待ちに待ったFC限定ライブツアーのチケット抽選結果が出ますが、その時間にはちょうどお仕事の合間だったので、LAWSONに行くことは出来たのですが、万が一落選だった場合、その後のお仕事がうわの空になってしまうであろうことは、自らアキラと書いて自明ですし、当選したら当選したで舞い上がって仕事そっちのけになりそうなので、LAWSONに行くのは次長課長じゃなくて、自重して、お仕事をしろーそんってことで、不安と期待が入り交じる中、真面目に働きました。
ここまでワンセンテンス、なげーよ(笑)

さて、無事にお仕事を終えて、土砂降りの雨の中、雨神様のご加護がありますようにと祈りつつ、地元のLAWSONに駆けつけました。ロッピーを操作してポイント会員なので、ポイントカードを通すものの、エラーになってしまいました。お客様の会員
情報を読み取れませんでした、と画面に出てショックです。不吉な予感です。関係ないですけど、ロッピーって最近2種類ありますよね。以前からあった機種の他に、真っ赤で可愛いデザインのものと。ちなみに今夜のロッピーは従来のものでした。
画面も微妙に違うので、一瞬操作するのに戸惑います。

さらに関係ないことですけど、ポイントカードも作ったのはLAWSONだけなこともあって、1番好きなコンビニはLAWSONです。世間では一番人気とされているセ○ンイ○ブンは余り好きじゃありません。品揃えがイマイチだし、ロッピーないし(当たり前/笑)、なのに店舗数が多いから嫌でも利用せざるを得ないのが辛いところです。って、話が脱線してしまいました。あ、ミニストップも好きですよ。ソフトクリームとかスイーツ系が充実しているのと、イートインコーナーがあって座って休めるのはマルです。つか、一番好きなのってナチュラルローソンなのでした。数が少な過ぎるのが玉に瑕ですが。でも、焼きたてパンとか、お弁当やスイーツもちょっと高級なのが嬉しいです。それに何と言ってもトイレが広くてキレイなのが有り難いです。
都内某所に道を挟んで普通のローソンとナチュラルローソンが 向かい合っているところがあるのですが、本部はいったいどうしようとしたのでしょうね。いや、それはまだ生温いのでした。世田谷の三宿の方にはローソン同士が向かい合っていますから。利用者は便利でいいですけど、経営者は大変そうですね。すみません。引っぱり過ぎました(笑)

せっかくのカードが役立たずなので、手入力です。これが面倒なので会員になったのにぃって思いながら画面を見ると、


なんと


無事にチケットが


取れました。


レジで発券してもらいました。
お金を払う時にチラッと見えた番号は、

えっ!

まさか!?

うそぉ〜

数字が少ないじゃないですか!

当選しただけでも嬉しいのに、まさかの神番ですかぁ!?

ラストライブも当たったし、なんだか最近憑いているような…
って、霊じゃないんですから(笑)

渡されたチケットをよ〜〜〜く見てみると、2桁ですよ。

やったーーーーーーーーと狂喜乱舞しようと思った瞬間、


整番の上になんだか文字が。
2桁に惑わされて見落としましたが、そこには、



2階
○列


4文字が。


はい、2階チケットでした(笑)

夢見たのは一瞬のことでした。いい夢でした。

でも、AXで2階席は初めてですし、荷物をロッカーに預ける心配もないし、1階だと見にくいドラマーさんもよく見える(はず)。
レポも書くのにも何かと便利だし、考えようによっては悪くないどころか、運がいいとしか。昨日の記事で思いっきり毒吐きしたので、制裁措置で落選かと心配してたのですが、そこまでいぢわるじゃなかったみたいです(笑)
ありがとう、J-ROCK!
ありがとう、JellyFishBreed!
なんて調子がいいんだ愛茉ってば(笑)
posted by 愛茉 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル

テント

海月メールが来たと思ったら、それより詳しい情報が公式サイトのインフォメーション内ニュースに載ってました。海月メールの意味なくね!?
ただでさえ最近は一般告知より1日先行して送られてくるだけで、ありがたみが薄いって言うのに、とうとう一般告知より遅れた内容とは是如何に(泣)

もはやFC限定メールのアドバンテージなんて無いに等しいぢゃん。

それはともかく、武道館公演のタイトルが『テント』だそうです。前回が『ゼロ』でしたから、単語シリーズでしょうかね?
ツアーやFC限定ライブのタイトルが、やたら長めなのとは好対照ですね。

テントと言えばサーカスを連想させる言葉なので、プラには相応しいタイトルだとは思いますが、だがしかし、なんだあの相変わらずのグダグダな説明文は。
オフィのあの手の文章って『とも言うべき』って言い回しが好きですよね。勿体付けるようなことでもないと思うのですけど。
『参加した人のみぞ知る』って、そんなの当たり前だっつーの(笑)

文章力ないんなら無理してカッコつけた文章書かなくていいです。イメージ壊れますから。むしろ説明なんかなくて結構!!
海月だったら言われなくても参戦するっつーの。プラがライブやるんだから。

8月30日にプラが武道館でライブやるからみんな来てね〜これで充分です。
興味ある人は行くだろうし、ない人はどんな甘い言葉で誘っても行きません。ただそれだけです。

まして、あの説明文じゃねぇ。

玉手箱って…終演後にメンバーも海月もみんな爺さん婆さんになっちまうんですかっつーの(笑)



なんか喧嘩上等な文になってしまいましたわ(笑)
毒吐きスマヌ。
posted by 愛茉 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル

2009年04月18日

太朗のプリン

090418_2236~0001-0002.jpg
吉祥寺のエスニックのお店にて。

太朗プリンじゃなくて、タロ芋のプリンですけど。

プリン好きな太朗に食べてもらいたいです(笑)
posted by 愛茉 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル

エントリー完了@渋谷


ようやく繋がりました。45分くらいでした。こんなに待たされるとはね。

名古屋と大阪は日曜日までに考えます。迷い中。迷い中。迷い中。


しっかし、ガイダンスの声がやたら早口な上に滑舌悪くて、聞き取れないんですけど! 内容は知っているからいいようなものの、つか、エントリーする人は全員既知なんだから余計なガイダンスは省略しちゃえばって思いますけど。規則だかなんだかあるんでしょうね。

それとナビダイヤルの料金の問題が。

大人の事情ってヤツですか!?


とりあえず、当選することを祈ります。
posted by 愛茉 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル

2009年04月17日

長谷川さん更新

実に9ヶ月ぶりの更新です。リーダーサボり過ぎ(笑)

リーダーに限らずだけど、こんなユルい連載の意味あるんですか!?
せめて月イチくらいは書いてくださいよぉ〜

新メンバーがしょこたん並みにマメな人だったらなぁ。
posted by 愛茉 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル

エントリーエントリー

090417_2323~0001.jpg
今日から日曜日までFC限定ライブのエントリーです。明日も明後日も忙しいので、珍しく初日の今夜にエントリーしようとしてます。

が、が、が、慣れないことしたせいでしょうか、さっきからずっと電話が繋がらないんですけどぉ(泣)

先着順じゃないんだから、慌てなくてもいいのになぁ…みんな必死過ぎ!!(お前もな〜/笑)

しかし、エントリーしようとして話し中だったのって、多分初めてかも。初日っていつもそうなんですか!?

焦るわ〜
posted by 愛茉 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル

2009年04月16日

ひと月前、ひと月後

早いもので、ササブチヒロシ・ラストライブから、そろそろひと月が経ちます。
早いものでFC限定ライブツアーまで、もうすぐひと月になります。

プラのメンバーにとっては激動の2ヶ月じゃないかと思います。フィクションではありませんけど、とにかく前に進むために動くしかない2ヶ月。
意欲的に動いてくれたおかげで、ぶちくんが脱退してから僅か2ヶ月で、新しいメンバーとともに、海月の前でライブを披露してくれます。
そのライブツアーをどうするか、現在悩み中です。
もちろん東京は参戦します。しないワケないです。但し、チケットが当選したらの話ですけどね。なんせ、外れたら後がないですから(泣)

問題は名古屋と大阪です。遠征するかどうか。するとして、どちらに、或いは両方?

両方行けば、初めての全通になります。3カ所で全通と威張れるかどうか知りませんが(笑)

状況からして、セトリは3カ所とも同じ可能性が大ですが、武道館までにツアーがあるのか不明ですから、行ける時に出来る限り行っておきたい気がします。後は資金の問題だけですね。
これが一番重要なんですけど(笑)


ところで、今回のツアーでオークションにチケットは出回るのでしょうか!?
あの措置がなされたにも関わらずに出品するツワモノ海月がいたら、むしろ天晴れな(笑)
ちゃんと事務所が対処するかどうか確かめるために、誰か出品しませんか(爆)

あたしは小心者なので遠慮しておきたいと思います。悪しからず。
posted by 愛茉 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル

2009年04月15日

フクロウとリュウタロウ

090413_1127~0001.jpg090415_1103~01.jpg

アップするの忘れてました。伊豆旅行で見かけた『竜』の文字です。

神祇大社にありました。象形文字だそうで、いろんな文字が境内の石畳のあちこちに埋め込まれてまして、踏むと縁起が良いそうです。もちろん『竜』を踏んで来ましたよ(笑)

もうひとつのフクロウのノレンは友人から。ランチを食べに街に出たところ見つけたそうです。
梟ネタ一番乗りですね。

梟は不苦労とか福郎とか当て字して縁起を担ぐそうです。日本では梟は不吉な鳥とされているので、この当て字でイメージを逆転させているのでした。

ぶちくんが抜けてショックだから、良くなりますようにってことで、新曲のタイトルが決まったとか…だったりして。
posted by 愛茉 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル

2009年04月12日

満開の桜の樹の下で

090411_1130~0004.jpg


春咲センチメンタルと言うには似つかわしくないほど初夏の陽気が続き、いよいよ桜の見頃も今日あたりが最後ですね。
みなさまお花見は済ませましたか!?
もっとも、東北から北海道はこれからでしょうけど。

こんな時期に春ツアーを桜前線に合わせてやってくれたら素敵なんですけど、今年は枯れないはずの樹脂木が、枯れそうになると言う、不測の事態でしたから、桜前線ツアーなんて贅沢は望むべくもなかったのでした。

来月にFC限定ライブをやってくれるだけでも嬉しい限りです。

どんな新ドラマーさんなのか、期待と不安が入り混じりますよね。ぶちくんがサポートで入った時も、正直衝撃的でしたから(笑)

でも、当たり前のことですが、3人が選んだメンバーなんですから、海月としてはとりあえず受け入れるしかありません。
それに、最初はしっくり来なくても、ライブを重ね、音源を創って行くうちに、かけがえのない存在になるはずですから。ぶちくんがそうであったようにね。


合わないメンバーを入れて一番困るのは、当のメンバーたちなんですから、彼らを信じて温かく見守りたいと思うのでした。


そして、来年の春には新生プラとして一回り成長した姿を、春ツアーで披露してくれたら、海月としてはこれ以上の幸せはありません。

春は希望の季節ですから。
posted by 愛茉 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル

2009年04月11日

strigiformes

昨日の海月メール第99号に引き続き、本日公式サイトでも告知されたニューシングルですけど、タイトル『梟』とは意表突かれました。あ、梟の読み方が分からない海月さん、ここテストに出るよ(笑)  ちなみに梟はフクロウですね。首が自由自在に曲げられると言う不思議な鳥のふくろうです。なぜあんなに首が曲げられるかと言うと、通常の哺乳類は7本の頸骨が、フクロウでは12〜14本もあるからだそうです。真後ろを向いたり、上下逆さまにしたり、やりたい放題ですけど、その代わり、目玉が動かないのでした。眼球が眼窩に固定されているからです。まぁそのために頭自体が自由に動くのでしょうね。
と、フクロウの動物学的なまめ知識はともかくとして、しかし、とうとう4パターンですか、そう来ましたか。
初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤初回プレス、通常盤って、資源の無駄遣い以外の何物でもないんじゃないかと。まだ発表されていませんけど、これにインストからめられたら、嫌でも3枚は買わないとならなくなりますよね。限定盤2種と通常盤初回プレスを。たかがシングルに4200円って!? 
インストさえ関係なければ、買うとしたら初回限定盤Bにしますけどね。PVはそのうちPV集になるかもしれないし、最近のPVはイマイチな出来なこと多いし。着VOICEとかあまり興味ないので、こちらもパスです。
いろいろ事情はおありなのでしょうけど、こんなことやっていたら、業界全体で自らの首を絞めることになると思うのですが。レンタルやネット配信などで済まさずに、律儀にCDを買おうとしている律儀な音楽ファンを食い物にする行為だと思います。そりゃ、コアなファンはせっせと健気にちょっとした違いのバージョンでも買うでしょうけど、それにつき合えない普通の感覚の音楽ファンなら余計にCD離れしてしまうと思います。売れないから売れるところから少しでも儲けようって魂胆が見え見えのやり方、いい加減にして欲しいです。こんなアコギな複数売りでチャートランクのアップを狙っても意味ないですよね。全作品がこう言う手法を取っているワケじゃないんですから。
もっと地道な努力をして欲しいものです。儲からないかも知れませんが、もっとライブツアーを小マメに回って欲しいです。地方の海月さんはもちろんのこと、恵まれている首都圏在住海月さんだって、地方遠征の楽しみが減って悲しいです。大都市の大規模な会場だけ回る方が効率良いのは分かりますけど、音楽を伝えるってことはそう言うことではないですよね。

ちなみにタイトルはフクロウの学名です。読み方は分かりませんけど、ラテン語なのでほぼローマ字読みでいいのかな。歌の内容が気になりますね。スピカとか雪蛍とかならなんとなく想像付きますけど、梟じゃねぇ。しかし、プラの曲名ってシンプルなものが多いですね。
posted by 愛茉 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音源

2009年04月10日

究極の不正転売防止策

昨日の呼びかけに応じてメールやコメントをいただいておりますが、もう少し情報が集まってから纏めることにします。まだまだ募集中ですので、FCチケットの転売防止策について、あるいはご意見など、どしどしお寄せください。お待ちしています。

纏める前に、いきなりですが、究極とも言える不正転売防止策を思いつきましたので、是非とも披露したいと思います。

会員証は貸し借りされると意味がないですし、身分証も写真付きじゃないとそもそも他人が騙ることが簡単に出来てしまいます。写真付きだったとしても、そっくりじゃなくても似ていれば、入場時の甘いチェックなど突破するのは容易かと。それこそ、片桐はいりみたいな特徴的な顔立ちの人が、他人名義の、たとえば木村カエラみたいな友人の証明証を使うとかじゃないとバレません。それりゃぁ無理がありますから(笑)

で、いっそ生体認証システムの導入とかどうかと思いましたが、高コストなこと、事前登録が必要なことなど、煩わしいこと夥しいです。入場時にちゃちゃっと済ませられなければ意味ないですし、コストがかかれば会費に跳ね返ります。それに意外とパーフェクトな認証システムはないみたいです。パスワードとの併用で完全を期すみたいです。

なので、逆転の発想です。

チケットがあるから不正に転売されるのです。では、いっそチケットを無くしてしまえばいいではないか!

ってことで、はい、前売り制の廃止、当日先着順入場制です(笑)

当日券すら廃止です。

これなら転売しようにも出来ませんから。当日の朝から早い者勝ちで並ぶのです。代理で並ぶことが出来ると不正が行われる可能性が出て来るので、いっさい禁止です。本人のみが並べます。トイレ以外の列からの離脱も不可です。トイレに行く際にはスタッフに申告の上ってことで。もちろん再入場も不可なので、会場に入ってしまったら、もうライブを聴くしかないのです。

FC限定ライブじゃなくて、普通のライブの時には、FC列と一般列に分けて並び、FC→一般の順に入場ってことで。

ヒマな会員には有利なシステムではありますが、とりあえず不正転売はゼロになるはずです(笑)
posted by 愛茉 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 妄想ネタ