2010年03月28日

新木場不思議発券伝


今朝ローソンで前夜祭後夜祭のチケットを引き換えて来ました。
現在絶賛金欠中なので、もう少し後にするつもりだったのですが、やはりチケットの現物がないと落ち着かないのと、一応整番は早く知りたかったものですから。

まずは新木場スタジオコーストの分から。
予約番号10桁を入力。ピコピコピコピ。
次に会員番号8桁を入力。ピコピコピコ。
すると、「おいその番号間違ってんじゃんか。正しい番号入れろや、ボケ!」

なんですって!?
そんなはずは…
入力やり直し。

しかし、何度入れても同じエラーメッセージが。

昨日は当落確認出来たのだから、番号違うはずないし、落選しているわけないのですが、と言うことはメモをメールに写す時に書き間違えたとか。手元にメモがないので、新木場はおいといて、京都FAN Jにチャレンジ。
こちらは問題なくレシートが出て来ました。

改めて新木場の番号を入れると、今度は何故かOKでした。いったいさっきのは何だったんでしょうか??

でもこれで両日ともにチケットを引き換えられます。
レジで発券してもらう。新人のバイトくんだったみたいで、発券用紙にサイン入れるのを忘れてます。面倒なのでシカトしました。さらにチケット販売分のレシートには店判を押さなくてはならないのですが、判らなかったようで隣にいたオーナーに尋ねてます。あ〜判らなかったら愛茉さんに聞いてね。キミよりはローソンチケットに詳しいから(笑)

さて、発券されたチケットをチラ見すると、両方とも3桁の整番みたいです。神番は無理でしたか。新木場が4桁じゃないだけマシですね。

で、渡されたチケットをちゃんと見たら、新木場は6××番です。う〜ん、リアクション芸人の愛茉さんでもリアクション取りづらい何とも微妙な番号ですなぁ。普通っていうか、早からず遅からず。キャパからしたらそれでも良い整番ではありますけど。

そして京都は……なんじゃこりゃあ(byお約束の松田優作)とベタなリアクションしちゃいますけど、これはなんと逆最前じゃないですか(笑)
奇跡の49×番ですよ!
公式キャパは500なので、実際はもう少し入れるとは思いま
すけど、それにしてもか〜なり最後の方の番号かと。
あはははは。もう笑うしかありません。当たっただけでも嬉しいので、整番の良し悪しなんて気にしませんし、気にしたらそれこそバチが当たります。落選者続出のこの状況で、整番にケチ付ける程命知らずじゃありませんから。文句なんて言おうものなら落選者から呪い殺されます。たとえ500番だろうと555番だろうと600番だろうと、ありがたくライブに参戦しますよ。当たり前でしょ。
いやぁ、しかし気になりますね。いったい何番まで発売されたのか。我こそは最後番と思われる当選者の海月さん、いらっしゃいましたら1Fインフォーメーションセンターまでお越し下さい。

なにはともあれ、チケットが無事に手元に届いてホッと一安心です。後は遠征計画をねりねりするだけです。
posted by 愛茉 at 23:27| Comment(2) | モバイル
この記事へのコメント
たまたま見つけたのでコメントさせていただきます…

私は470番代でした\(^O^)/

最悪と思っていたら、なんと490番代の方が…!!

まぁ、お互い当たってよかったですよね★★

ライヴ楽しみましょう。

それでは。
Posted by なな at 2010年04月01日 10:44
コメントありがとうございます!
お互い当選して良かったですよね。しかも、400番台ならまだマシな方です。540番台の方がいらっしゃいましたから。どれだけ詰め込むのでしょうか。
久々の京都でのライブなので、楽しみです。
またお気軽にコメントしてくださいね。
お待ちしています。
Posted by 愛茉 at 2010年04月01日 23:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。