2010年08月31日

さーて、月世界旅行の日程は

関西の友のところにも無事に月世界旅行の案内が届いたみたいで、京都と大阪のどちらにするか、苦渋の選択をお願いすることに。

あたしとしては金沢→京都の2ヶ所が精一杯の遠征スケジュールなので、出来れば京都に来てくれると嬉しいんだけど、友の都合もあるし、ダメなら仕方ないよね。せめて京都と大阪が蓮チャンなら大阪まで遠征出来るんだけど、こうキレイに飛び飛びだと滞在費だけでもバカにならないし、仕事を休むにも支障が出てしまう。

それにしても、この夏はある意味夏ツアーがなくて良かったかもと思っている。
この異常な猛暑の中、遠征するのはキツかったろうなと思うので。
武道館でグッズの長蛇の列に並ぶだけでも、ライブ1回を見るくらいの体力消耗した気がする(笑)
しかも、並んだ挙げ句に1人2個の制限とか、精神的打撃も大きかったし。

今年の追懐ツアーと月世界旅行ツアー。どちらも海月心を掴んで離さない素敵なツアーだと思うけど、両方ともレコ発ツアーじゃないところに現在のプラの微妙な立ち位置が表れている気がします。

バンドとしては常に前に前にと進みたい気持ちは分かりますけど、ファンの立場からしたら、時々きちんと後ろも振り返って欲しいのですよ。過去があって今があるのだから。

もちろんそう言うことを踏まえての追懐ツアーだったと思うのですけど、毎年無理して新譜を出さなくてもいいのになって思っている海月は意外に多い気がします。
あまりやらなくなった過去の曲もライブで聴きたいなって、自分がファンになる前にやっていたライブの雰囲気を味わいたいなって、きっときっと多くの海月が思っているんじゃないかな。

月世界旅行のセトリが楽しみでもあり、期待はずれに終わらないか不安でもあります。
どうか素敵な旅行になりますように!
posted by 愛茉 at 23:40| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。