2010年05月21日

エスイー

読者の方から情報をいただきました。
追懐ツアー東名阪のライブで使われたSEのアーティスト名と曲名です。
Daisy ChainsawのHope Your Dreams Come Trueだそうです。
彼らの3枚目のシングルで92年にリリースされていますから、時期的には問題ないですね。

でも、あの時に流れた曲の印象が曖昧なので、果たしてこの曲で合っているのかどうか分かりません。
ご存知の方がいらしたら教えていただけると嬉しいです。



情報を教えてくださったエイさん、ありがとうございます。
posted by 愛茉 at 17:53| Comment(0) | ライブ関連

2010年01月20日

春爛漫の宴2010出演決定

ソース→http://www.nhk.or.jp/eyes-blog/400/34243.html

平成22年2月22日(月)、NHKホールに出ます。ネオビジュアル系春爛漫の宴の収録が行われるそうです。
1月20日から27日まで、上記サイト内のリンク先より観覧募集があります。
きっと超激戦でしょうけどね。
三度目の正直で今度こそ有村さんの調子が良いことを切に願わずにはいられません!
肝心な時に外す悪い癖をなんとかしてもらいたいです。
posted by 愛茉 at 00:04| Comment(0) | ライブ関連

2010年01月07日

金沢エイトホール

冬ツアー初日は金沢エイトホールですね。今までのAZだとキャパ不足だったと思うので、今回の変更は良かったと思います。AZのままだったら大激戦になったことでしょう。ツアー初日+アキラ誕生日+土曜日の好条件だから、そりゃあ海月でしたら参戦したいですよね。

会場の金沢エイトホールは→http://www.eighthall.com/

エイトホールのある片町は武蔵が辻から続く金沢一の繁華街なので、時間を潰す場所はいろいろありますし、ちょっと足を伸ばせば兼六園もありますので、遠征組は時間の許す限り冬の金沢を満喫されてはいかがでしょうか。

ハコのHPにはキャパが記載されていないので、調べたら800人くらいとのことでした。
口コミ情報→https://tabidachi.ana.co.jp/card/165202
ロッカーは少ししかないらしいので、あらかじめ大きな荷物は駅のロッカーなどに預けておいた方が良さそうです。

あと9日で冬ツアーがスタートです。大雪にならないことを祈ります!
posted by 愛茉 at 23:28| Comment(0) | ライブ関連

2010年01月01日

ライブで振り返る2009年海月的生活



今年は何本ライブ行けるかな。

数えてみると2009年は14本のプライブ(含むイベントライブ)に参戦していました。ひと月に1本以上見てますね。もっともっと沢山のライブに参戦されている海月さんもいらっしゃると思いますけど、地方の海月友達のブログ見たら年間3本とあって、そう言う数が当たり前の海月さんだって多いわけでしょうし、恵まれている方だと考えないとバチが当たりますよね。
首都圏に住んでいてお金と時間に多少の余裕がないと、そうそうライブに行けないのですから、これが北海道の稚内とか釧路とか沖縄の石垣島とか長崎の五島列島とかに住んでいたら、たとえ地元ライブでも遠征状態です。
今振り返ると、秋のイベントラッシュの時にJCBのイベントしか行かなかったこととか悔やまれますし、年末のOver the Edge09も読みが甘かったし、無理してでもケンケン地元のFC旅行に参加すれば良かったなって。去年はプラ以外でもPerfumeとかインディーズライブとかお笑いライブにそれなりに出かけたので、ここらあたりが限界かなとも言えます。プラだけならお金の心配だけで済みますけど、他盤が絡むと日程が被ることも心配しなくてはならないのが頭痛いところですね。特にプラはライブ日程の告知が遅いので(泣)

しかし一方ではかなり幸運でもありました。ぶちくんラストのFC限定とかケンケン初登場のFC限定とか、ライブではないけどESPのFC限定トークとか、大激戦の千葉ルックとか、高倍率のライブにことごとく参戦出来たのは奇跡です。今まではFC限定運には恵まれなかったので、そろそろ運が巡って来たのでしょうか。ありがとうチケットの神様。ありがとう(いろいろ文句ばかり言うけど)ジェリブリ。

そんなわけで、参戦したライブについてひと言ふた言サクッと語ってみようかと思います。

1/4 名古屋ダイアモンドホール(冬ツアー『ウツセミ』) 
1年の始まりに相応しくチケットの整番が良くて下手の最前ゲットと、幸先の良いスタートを切れたライブでした。久しぶりに思い切り暴れたライブでもありました。やっぱり前の方はいいです。

1/30 NHKホール(冬ツアー『ウツセミ』)
実質的なぶちくんのラストステージでした。緊張感のあるいいライブだったような記憶があります。その時点ではラストだとは知らなかったのですけどね。

3/19 AX(FC限定・ササブチヒロシラストライブ)
何とも言えない雰囲気のライブでした。ぶっちコール1色に染まったことや、たんたんとドラムを叩くぶちくんが忘れられません。署名活動のお手伝いをしたことも良い想い出になりました。佳奈さんお疲れさまでした。ぶちくんありがとう。体調が思わしくなかったので2階席で見れたのもラッキーでした。

5/17 AX(FC限定ライブ・サヨナラ三角また来て四角)
ケンケン初登場!(ホントは前日のイベントライブなんですけど)  なんて上手いドラマーさんなんだと思いました。この時点ではサポートだったので、キャラまでは出してませんでしたから、まさかこんなにプラに染まるとはね(笑)

6/10 代々木公園野外ステージ(梟発売記念フリーライブ)
まさかのグラドルとの6ショット(笑) 会場ドン引きでしたっけ。1000人程度の参加者数を3000人とか、ツッコミどころ満載のイベントでもありました。ドナドナの特典映像には愛茉さんチラッと一瞬写ってました。ケンケンの演奏がFCライブとは段違いの迫力だったので、驚きました。

6/30 AX(Fly like an Eagle)
1週間前に急遽告知されイベントライブでなかなかのナイスピックニック状態でした。他ジャンルのバンドのファンさえも巻き込んでの堂々たるトリの演奏に感慨深いものがありました。

7/17 名古屋ダイアモンドホール(夏ツアー・梟一座★夏行脚)
翌日に温泉に泊まったりしたので、ライブよりもそちらの印象の方が強い遠征でした。夏ツアーは東名阪
の3ヶ所しか参戦出来なかったせいか、なんか印象が薄いです。

7/24 JCBホール(夏ツアー・梟一座★夏行脚)
実はJCBホールプラ単独公演ではチケット運負け知らずなんです。蝙蝠族の2daysも含めて3回ともアリーナ5列目以内と言う神番でした。あそこはバルコニー席でも見やすいと言うのに、無駄に運がいい気がします。東京なのにファイナルじゃないので、なんか違和感がありました。

7/31大阪なんばHatch(夏ツアー・梟一座★夏行脚)
大阪には大切なお友達がいるので、欠かせない公演です。Hatchは好きなハコのひとつでもあります。夜バス往復日帰りの強行軍だったのと真夏だったので、かなり大変でした。帰宅してそのままお仕事だったし。

8/30 日本武道館(テント)
実はゼロの時もプラの武道館に抵抗があって、あまりテンションは高くなかったんです。特にゼロの時はゴタゴタがいろいろあったこともあったので。なのですが、あのテント風のセットは良かったです。太朗のボーカルは相変わらずでキツかったけど(笑)

9/24 JCBホール(サンキュー!サンジュー!ディスクガレージ〜Music Party〜)
ディスクガレージの30周年記念イベントの一環ですが、テントのフライヤーに入ってて知りました。ホントはバルコニー席を取るはずが、友人の手違いでスタンディングになってしまいました。このライブもちょっとピクニック状態に近いものがあり、それほど整番が良くなかった割に後ろだけど柵をゲット出来たので、見やすかったです。イベントライブなのに、通常ライブのセトリのダイジェスト版的なセトリをぶつけてくるプラってすごいです。

12/15 千葉LOOK(千葉LOOK20周年記念・6×9=53days)
まさかのチケットゲットでした。10月11月のイベントライブに行かなかったので、尚のこと嬉しかったです。逆最前な場所で見てましたが、あんな場所であんなに乗ったのは初めて。小さなハコのライブって最高です。

12/27 渋谷公会堂(C.C.C.C.レモン★レモン L-ch27)
下手の前でした。JCBと渋公は験のいいホールかも知れません。セトリが千葉ルックをベースにしたものではありましたが、予想以上に変えてあったので、驚きました。映像コーナーも健在で年末恒例ライブらしく嬉しかったです。最終電車は別な意味で泣きました。

12/28 渋谷公会堂(C.C.C.C.レモン★レモン L-ch27)
この日は前日よりは後ろだったので、全体の様子が分かったことが良かったです。前半の海月のノリの悪さに負けないように、1曲目から全開で弾けてました。竜太朗のコンディションも回復したみたいで、09年のベストだったかも知れません。まぁでも何と言ってもケンケンのチュウにやられましたけどね(笑)


と、こんな1年でした。それ以外にも凡庸全部とPerfume6公演+イベントライブに行きました。インディーズや某シークレット(これは関係者にも箝口令が敷かれているので書けません)とか、毎月数本は通ったお笑いライブとか、生活の中心はライブだったと思います。ブログを始める前は過去のライブのことなんか記憶からドンドン抜け落ちてしまってましたけど、ブログとして記録するようになってからは、忘れても記事を読めばいいのは画期的なことですね。自分に取ってのライブがどうだったかは、自分のレポを読むしかないので。
年始のうちに凡庸とか千葉LOOKとか年末とか、なんとかレポを更新したいと思います。
posted by 愛茉 at 14:09| Comment(0) | ライブ関連

2009年12月17日

たった2日前のこと

旅行から無事に帰って来ました。
あっという間でしたね。のんびり寛げましたけど、楽しい時と言うのはどうしてこんなに早く過ぎてしまうんでしょうね。
千葉Lookのライブもそうでした。ホント一瞬でした。実質的には1時間半ちょっとだったこともありましたけど、それにしても短く感じられました。ダブルアンコールをかける声も流れて来たBGMですぐに消えてしまい、なんだかあっけない思いと、言葉に表せないくらいの充実感で、ライブのお仕舞いを実感したのでした。
一昨日がライブだったことがまるで遠い昔のことのようです。つい2日前のことなのに。

今回は後ろの方でステージはほとんど見ませんでしたし、セトリもなんの工夫もサービスも感じられないものでしたし、そんな状況だけで言ったら不満タラタラのライブであってもおかしくなかったのですが、実際はものすごく満足しました。プレミアチケットをゲットしただけでも幸運なのに、ライブに文句言ったらそれこそバチが当たります。千葉だけにね(笑)

太朗のボーカルも相変わらずで音程は不安定でメランコリックなんかそれは酷いものでした。でも、そんなことすら気にならないくらい気持ちが盛り上がって、後ろだと言うのに頭振りまくりの手を挙げまくりで、おそらく後方にいたライブ史上もっともノリノリだった気がします。もっとも後方と言ってもキャパ200のハコの後方ですから、Zepp TOKYOだったらバトルエリアの後ろにいるのも同然なんですけどね。時々太朗がお立ち台(と言うか多分モニタ)に上がってにゅっと姿を現してくれた時なんて、ステージのあまりの近さに驚いたものです。だから、後ろだとかそんな意識はあまり感じなかったですね。見えないけど疎外感みたいなものはなかったです。
それでいて、後ろまで牛牛詰め(笑)状態を覚悟していたのが、意外とスペースに余裕があり、却って見やすいし動きやすかったのです。

終演後にお会いした友人の情報によると、転売屋がかなりの数のチケットを占めていて、それが完売しなかったために、実際の入場者数は少なかったらしいのです。最悪メモを取る事さえ出来ないかもと覚悟していたので、喜んでいいやら悲しんでいいやら、複雑な思いです。チケットを取れなかった海月さんからしたら、怒り心頭でしょうね。海月さんがみんな自重してオクチケに手を出さなければ、やがて転売屋が跋扈することもなくなると思うのですが、自分さえ良ければお金さえ出せばと抜け駆けするエゴイストが1人でもいるうちは、転売屋もいなくならないでしょう。

不純物、冬の海は遊泳禁止で、サナトリウム、パイドパイパー、これらの曲を聴けたことが嬉しかったかな。
詳しくは後日レポにしますけど、サナトリウムは音源と全然違いました。新曲かと思いましたから(笑)

このセトリは恐らくアジアツアーのセトリのベースになるんじゃないかなと思いました。これにあと数曲足したセトリで上海と台北を回る気がします。年末2daysも下手したらこれかも(笑)
posted by 愛茉 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ関連

2009年11月07日

渋谷で5時



そうじゃなくて、27日は6時開演、28日は6時半開演なので、お間違えのないように。

こんなしょうもないボケをかましてるくらいなので、年末ライブのチケットは無事に2日間とも確保出来ました。
チケットの神様ありがとう。ライブの仏様もありがとう。プラの雨神様にも感謝です。 JCBと渋公に関しては割とチケ運がいい愛茉さんです。武道館とは相性イマイチですが。さらにFC限定ライブとは最悪な仲ですが(笑)

さて、渋公こと渋谷公会堂の公式サイトはこちらです。●.●.レ●ンとは決して言いません。ただで宣伝なんかしてやるもんか>サ●トリー

渋谷公会堂公式サイト
座席表

時節柄、インフルエンザには気をつけなくてはね。せっかくチケットが取れたのに、高熱出して行けなかったら泣くに泣けません。みなさまもご自愛を。

2009年11月06日

年末公演名はこれでどうですかお客さん!?



いよいよ今日から年末公演のFC先行チケットエントリー結果の発表ですけど、過去の年末公演に比べてイマイチな今年の公演名。文句ばかり言っていても仕方ないので、対案を考えました。
名付けて、


渋谷高原療養所海月病棟27号室・28号室

いかがでしょう?

サナトリウムを意識したプラらしいタイトルだと思うのですが。

一応解説しておくと、サナトリウムの2番の歌詞に出て来る『風立ちぬ』と言うのは、おそらく堀辰雄の小説から拝借したものだと思われます。と言うか、あの曲自体、風立ちぬからインスパイアされて作られた曲じゃないかと思います。いかにも竜太朗が好みそうな小説ですから。
その小説で主人公たちは長野県にある富士見高原療養所で過ごすのです。と言うか、堀辰雄とその婚約者も実際に結核を患い、富士見高原療養所に入院するのです。その体験を元に書かれたのが風立ちぬと言うわけです。

渋公があるのが渋谷区宇田川町なので、宇田川療養所でもいいのですが、ここはオリジナルに因み『高原』の2文字を入れたいところです。語呂もいいので『渋谷高原』、略せば渋公ならぬ渋高です(笑)

C.C.C.C.レモン★レモン L-ch27/R-ch28よりはいいんじゃないかと自画自賛です。
異論は認めます(軟弱)
posted by 愛茉 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ関連

2009年11月02日

真っ赤な糸@Vフェス

いまさらですが、ようつべにアップされているので、拾って来ました。
まずはご覧下さい。

どうぞ。




酷い酷いとさんざんな評判だったので、覚悟して見たのですが、想像を超えてました。
今年は松田優作の没後20年だそうですが、思わずあの有名なセリフを叫んでしまうレベルです。


なんじゃあこりゃぁ!!!!!!!!!!!!!!


ようつべの画像と音なので、実際に見て聴いた場合とは印象もいろいろ違うかもしれませんが、それにしてもねぇ。絶句するしかないです。う〜ん。暴動が起きても不思議じゃないです。
だからPerfumeみたいにクチパクにしろとあれほどい(ry

海月の立場からしたら、他盤ファンの多数いる前でやられて、


この辱めをどうしてくれるの


と問い詰めたい。

そして、NHK夏の宴を軽く超えたと思います。
Vフェスに参戦された方は歴史の目撃者ですね。
ある意味裏山です。

年末ライブではいい意味で裏切ってくれることを切に願うと書いて切望。
切望の丘に立ち尽くします。

希望的観測しか出来ない海月の独り言の巻きでございました。
posted by 愛茉 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ関連

2009年10月01日

Over the Edge 09

今年もOver the Edgeはあるのですが、どうやらプラの出演はないみたいです。
ローソンチケットからの情報です。

公演名 Over the Edge’09
Lコード 77669
会場 渋谷C.C.Lemonホール
公演日 2009/12/31(木)
開場 13:30
開演 14:00
全席指定¥10000
11月29日一般発売開始
備考 ※3歳以上チケット必要 ※深夜におよぶ公演の為18歳未満の方は保護者同伴もしくは保護者の同意書が必要

■出演アーティスト
12012
D
heidi.
ギルガメッシュ
ダウト
ヴィドール
彩冷える

と言うことですが、出演者は確定なんでしょうかね?
いつものごとく、急遽出演決定とか11月29日以降に発表されたら堪りませんね。

14時スタートで深夜までの公演で出演バンドが7組で、しかもチケット代が1万円と言う事は、これはもしかしてまだまだ出演バンドが増える可能性もあるかも知れませんね。こんな事言ったらなんですけど、このメンツで1万円は高過ぎません? それぞれのバンドおよびファンの方すみません。
それと、高額なチケット代で均一料金って言うのも納得行きませんよね。最後方の席でも最前列の席でも同じじゃいくらなんでもねぇ。指定席だからどうにもなりませんし。スタンディングならある程度は個人の裁量で前にも行けるし、お目当てのメンバーの側に行けますけど。せめてSチケットとAチケットの2種類にすべきだと思うのですが、最近のライブは大きな会場でも均一料金なことが多い気がします。なんだかなぁ。

それと、年越しライブでいくら保護者同伴とは言え、小学生以下の子供が入場出来るのはありですかね?
大晦日だから特別に良いとか?  初詣に子連れで出かけても問題にならないと言う理屈ですかね。
凡庸でオールナイト公演だった時は、18歳未満は一切入場出来なかった記憶があります。深夜に及ぶと言ってもオールナイトじゃないから規制が緩いんですかね。
でも、中途半端な深夜にライブが終わり、未成年者が街に繰り出す方がよっぽど問題ありだと思うのですが(笑)

さて、年末恒例の渋公ライブもいいですけど、プラ単独で年越しライブやってくれませんかね。来年はOver the Edgeに会場を取られる前に渋公を押さえてください。J-ROCKもやれば出来る子なんですから。なんせ8月30日の武道館を日テレから奪いましたからね(笑) 24時間テレビに勝ったプラです(笑) 枯れない木は世界を救う!続きを読む
posted by 愛茉 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ関連

2009年09月30日

10月はイベントの国

今月のJCBから始まったイベントラッシュは来月にピークを迎えますね。ピークと言っても3回ですけど。他にもFC旅行やらなんやらいろいろあるワケで、ツアーこそないものの、プラは忙しそうです。
先日のJCBが予想外に空いていたのには驚きましたが、考えてみればイベントライブは元々集客率が低いのでした。アリーナをスタンディングにしていたせいもあると思うので、座席だったらもう少し埋まっていたように思えますが、JCBでのスタンディングを経験出来て良かったです。次回のプラワンマンではスタンディング仕様でやってくれたら嬉しいかな。

さて、10月は河口湖、幕張、代々木第一体育館でのイベントですけど、果たしてどの程度チケットが売れるてのでしょうかね。特に代々木のV ROCK BATTLEは大丈夫でしょうか? 現時点では出演バンドもjealkb、Plastic Tree、ヴィドール、D'espairs Ray、Kra、ドレミ團、ViViD しか発表されていませんし、あのでかい代々木第一体育館をどれだけ埋めることが出来るのか不安です。行かないからいいですけど(笑)
まさかSAKURA JAMの二の舞にはならないと思いますが、代々木は無謀な選択だった気がします。JCBくらいで充分なんじゃないですかね。

それにしても、示し合わせたようにV系のイベントが続きますけど、秋は運動会や学園祭の季節だからでしょうか!? V ROCK BATTLEって、まさか運動会とかじゃないですよね(笑) 会場も体育館だし、バトルだし、 芸能人運動会みたいなのだったら、それはそれで笑えるかも。プラチームは弱そうですけどね(泣)

ちなみにタイトルはレイブラッドベリの短編集『十月はたそがれの国』をもじりました。
posted by 愛茉 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ関連

2009年09月24日

久々カスケード


カスケードの608098でしたっけ? そんな数字が並んだタイトルのアルバムを久々に聴きました。懐かしいです。
♪咲き誇れよ〜乙女たちよ〜って曲が入ってるアルバムです。11年前の作品なのですね。

特にファンてワケではありませんが、今夜はプラの次に楽しみです。

さあ、そろそろ入場です。なんとか間に合いました。
posted by 愛茉 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ関連

ギリギリアウト


余裕綽々で会場入りのはずでしたが、水道橋駅着が4時45分。時間通りなら開場です。間に合わない。

寝坊しちゃいました(笑)
起きたら5時とかじゃなかっただけ救いでしたけど。


現在、総武線で水道橋に向かっているところです。現場から愛茉がお伝えしました。一旦マイクをスタジオにお返しします。

スタジオの猫印さ〜ん!
posted by 愛茉 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ関連

秋のイベントライブ第1弾

今年の秋はイベントライブへの出演が目白押しなプラですが。今日はその第一弾、ディスクガレージのMUSIC PARTYの記念ライブです。
平日なのに開場時間が午後4時45分、開演時間が午後5時30分と異常に早いので、普通にお仕事の社会人海月さんは参戦するのに苦労しそうです。
プラの出演は大トリかトリ前と思われるので、バルコニー席なら遅刻しても問題ないけど、アリーナチケットだと会場時間に間に合わないと後ろで見る羽目になってしまいますね。有給休暇を取るなり、午後休を取るなり、早退するか、水道橋近辺に会社があって終業時間が4時とか4時半じゃないと、遅刻です。こんな時にどこでもドアがあったらいいなって思いますよね。

5時半スタートでオプニングアクトが2組。それからメインが3組なので、9時までの公演としても、プラだけでも小一時間の持ち時間(転換時間含む)はあるんじゃないでしょうかね。実質50分として8曲前後でしょうか。
どんなセトリで来るのか楽しみです。プラってイベントライブだからと言って、特に意識したセトリを組む事があまりない気がします。他盤ファンにも分かりやすいように、シングル曲で攻めて来るとか、ヒットした曲など知名度を優先したりもしないですしね。マイペースっちゃマイペースです。
まぁ最近のライブの鉄板ネタのメランコリック、Ghost、ヘイトレッド・ディップイット、梟、リプレイあたりは多分やらないワケがないかな。あとは、夏行脚でもやった絶望の丘をサービスで入れて来るかもしれません。
イベントライブでちょっと嫌なのが転換中の間ですよね。特に1人で参戦した場合は退屈ですから。
なので、転換中には…

猫印登場で、コンセント再び!!
たどたどしい猫さんの踊りも見たいし、あの強烈にヘナチョコなPVも見たいです(笑)

猫印ブログ、今日はまだアップされていないので、もしかしたら今頃ダンスの練習中かもね。

秋のイベントライブでは唯一の参戦になります。レポしますので、お楽しみに。


サンキュー!サンジュー!ディスクガレージ〜MUSIC PARTY〜

09.24(木) JCB HALL
出演:Plastic Tree/CASCADE/LM.C/ SuG(OA)/Mix Speaker's,Inc.(OA)
開場・開演:16:45 / 17:30
料金:スタンディング:¥3,300
指定席:¥3,300
当日券:¥3,800
※3歳以上要チケット
posted by 愛茉 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ関連

2009年08月29日

V-ROCK FESTIVAL 09

出るんじゃないか、いや出ないみたいだよ、と以前から憶測が飛び交っていた噂のV-ROCK FESTIVAL 09にPlastic Treeが正式に出演決定しました。後輩バンド、ドレミ團が早々とリストに加わっていたのに、何故かプラはリストに載ってませんでした。正確に言うと、某所のチケット情報には載っていたのですが、その後、公式サイトにはリストアップされていないと言う謎の動きでした。

大御所(笑)だから、もったいぶって発表を遅らせるとかなんですかね。超大物マリリンマンソンを差し置いて。これでプラが大トリだったら笑えます。有り得ない。いやいや、でも…。

V系ファンにはたまらないイベントになるんでしょうけど、チケット代はフェス相場の12000円、ただし先行で1000円割引中、ですから、プラ以外にはほとんど興味ない海月さんには縁のないライブですね。もちろん、愛茉さんも行きません。つか、行けません。

どなたか物好きな方が、愛茉さんチケット買ってあげるから行きませんか? とかお誘いくだされば、喜んで尻尾を振ってくっついて行きますけどね(笑) でも、タカミー王子が25日なのは残念。土屋アンナも見たかったかも。マリリンマンソン(マリリソマソソソとか言うとナイツ風味でございます/笑)はプラと一緒なのね。まぁなんてゴージャスな。元総理のお孫さんも24日だしね。それに良く見るとMoi dix MoisとかPENICILLINとかSEX MACHINGUNSとか何気にベテランバンドさんもご一緒じゃないですか。これでX JAPANとかLUNA SEAとか沢田研二とかいたら言う事なしです。ほとんど同窓会状態です。無礼講です(笑)ある意味元祖V系の忌野清志郎も天国でエールを送ってくれることでしょう。

しかし、出演するのは嬉しいことですけど、参戦される海月さんには経済的試練の道が待っていますね。まして、長崎FC旅行にも参加される海月さんにとっては、お財布に優しくないですね。魔法のお財布が欲しい(笑)チケット代と遠征費用に限っては、いくらでも出て来るお財布ね。
参戦される方は、今から他盤の予習と体力作りと資金作りに励んで、万全の態勢で臨んでくださいね。でも、他盤に魅せられてプラを見限らないように、くれぐれも節度ある行動を。ロックフェスは家に帰るまでがロックフェスですから。
以上、校長先生のお話でした。
あ、それと、オヤツは300円以内と言いたいところですが、今回は長丁場なので特別に500円まで。もちろんバナナは別ですよ。では、海月飼育学校の生徒として恥ずかしくない行動を取るように!

V-ROCK FESTIVAL 09



posted by 愛茉 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ関連

V-ROCK FESTIVAL 09

出るんじゃないか、いや出ないみたいだよ、と以前から憶測が飛び交っていた噂のV-ROCK FESTIVAL 09にPlastic Treeが正式に出演決定しました。後輩バンド、ドレミ團が早々とリストに加わっていたのに、何故かプラはリストに載ってませんでした。正確に言うと、某所のチケット情報には載っていたのですが、その後、公式サイトにはリストアップされていないと言う謎の動きでした。

大御所(笑)だから、もったいぶって発表を遅らせるとかなんですかね。超大物マリリンマンソンを差し置いて。これでプラが大トリだったら笑えます。有り得ない。いやいや、でも…。

V系ファンにはたまらないイベントになるんでしょうけど、チケット代はフェス相場の12000円、ただし先行で1000円割引中、ですから、プラ以外にはほとんど興味ない海月さんには縁のないライブですね。もちろん、愛茉さんも行きません。つか、行けません。

どなたか物好きな方が、愛茉さんチケット買ってあげるから行きませんか? とかお誘いくだされば、喜んで尻尾を振ってくっついて行きますけどね(笑) でも、タカミー王子が25日なのは残念。土屋アンナも見たかったかも。マリリンマンソン(マリリソマソソソとか言うとナイツ風味でございます/笑)はプラと一緒なのね。まぁなんてゴージャスな。元総理のお孫さんも24日だしね。それに良く見るとMoi dix MoisとかPENICILLINとかSEX MACHINGUNSとか何気にベテランバンドさんもご一緒じゃないですか。これでX JAPANとかLUNA SEAとか沢田研二とかいたら言う事なしです。ほとんど同窓会状態です。無礼講です(笑)ある意味元祖V系の忌野清志郎も天国でエールを送ってくれることでしょう。

しかし、出演するのは嬉しいことですけど、参戦される海月さんには経済的試練の道が待っていますね。まして、長崎FC旅行にも参加される海月さんにとっては、お財布に優しくないですね。魔法のお財布が欲しい(笑)チケット代と遠征費用に限っては、いくらでも出て来るお財布ね。
参戦される方は、今から他盤の予習と体力作りと資金作りに励んで、万全の態勢で臨んでくださいね。でも、他盤に魅せられてプラを見限らないように、くれぐれも節度ある行動を。ロックフェスは家に帰るまでがロックフェスですから。
以上、校長先生のお話でした。
あ、それと、オヤツは300円以内と言いたいところですが、今回は長丁場なので特別に500円まで。もちろんバナナは別ですよ。では、海月飼育学校の生徒として恥ずかしくない行動を取るように!

V-ROCK FESTIVAL 09



posted by 愛茉 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ関連

2009年08月09日

新熊福再演曲目

福岡公演も終わり、残すところ沖縄のみとなりました。あっという間に終わってしまいますね。
新潟からの3公演のアンコールセトリをまとめておきます。

新潟:en1.真っ赤な糸、藍より青く
en2.クリーム、サイコガーデン

熊本:en1.真っ赤な糸、藍より青く
en2.涙腺回路、Ghost

福岡:en1.リラの樹、藍より青く
en2.sink、クリーム、Ghost

藍くんは皆勤賞目前です!

福岡は盛り上がったでしょうね。
沖縄も熱いライブになることを願っています。
ツアーファイナルだから、嫌でも激熱なライブになると思いますけど。
posted by 愛茉 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ関連

2009年07月27日

大阪への道

今週の金曜日は大阪遠征です。3週連続金曜日にライブですけど、それもいよいよ最終回。と言うか、夏のツアー参戦のラストです。あっという間です。
チケ番が回を重ねる毎に悪くなるのですが、先にいい思いをさせてもらったので、文句も言えません。つか、大阪だってHatchのキャパからしたら、それほど悪い番号なワケでもないですし、300番台半ばでブゥたれてたらバチが当たります。気合いさえ入れればそこそこの場所に行けると思いますしね。
ただし、悲しい知らせもありました。大阪プライブでしかほとんど会えない海月友達が事情により参戦出来なくなってしまったのです(泣)  武道館にも来られないことになってしまったそうなので、次回の秋だか冬のツアーまで会えません。残念です。プライブの日程が前後どちらかにでもずれていれば問題なかったのになぁ。座長のいぢわる!!←やつあたり

それは仕方ないとして、もうひとつ問題が。往復の交通手段として、名古屋同様にマイカーを考えていたのですが、計算するとさすがに大阪までは10時間以上かかります。ガソリン代は片道4000円弱くらいなので、時間だけの問題なのですが、夏の暑い中1人で延々と運転するのは、ちょっとね。秋から春ならいいんですけど。
なので、ここはお財布に優しい夜行バスに頼るしかないですかね。でも、いつも利用しているJRバスとかだと片道で8000円以上します。夏休みの繁忙期なので、割高なのです。これじゃ、マイカーの倍ですからね、いくら強行軍マイカープランより楽と言っても、お財布に厳し過ぎます。
ここは、格安バスプランで妥協するしかないでしょう。調べたら4000円から6000円くらいです。4000円の超格安はトイレもないバスなので、これはちょっとね。4列シートは我慢するとして、万が一渋滞にでも巻き込まれたらトイレなしは地獄ですから、5〜6000円のプランで探すことにします。
4列シートは落ち着かないですけど、この際贅沢は言ってられません。来月は金沢遠征&温泉旅行も企んでいるので、無駄遣いは出来ません。

ちなみに、金沢遠征はPerfumeです(笑)
posted by 愛茉 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ関連

2009年07月14日

夏行脚初日まで後3日

昨日は寝落ちしてしまいました。すみません。週末2日続けて朝が早かったので、睡眠不足だったのです。

そんなこんなで気がつくと、梟一座★夏行脚まで後3日になりました。なんにも支度してないです。翌日の宿の手配、友人の交通手段の手配できりきり舞いしていたので、すでにぐったりしています(笑)
おまけに先日発売のPerfumeの新アルバムばかり聴いているので、全然プラモードになっていません。今夜もPerfume夏ツアーの遠征計画のために、金沢の宿を手配してましたし(笑)
名古屋を飛び越して、すでに気分は加賀百万石ですから。

レコ発ツアーじゃないので(梟ツアーではありますけど、シングルなので)、セトリは皆目見当が付きません。
ケンケン加入後の正式なツアーなので、セトリは王道プラ曲で攻めて来る気がしますけど、どんな風にドラムが変わるかが、セトリ以上に気になるポイントですよね。FCツアーの時とは一皮も二皮も剥けた演奏であることは間違いないと想いますけど。

本性を現したケンケンのドラムが楽しみです。
チケ番が割と良いので、ケンケがよく見える場所を確保したいと思っています(笑)

ちなみに、17日の予報は曇りみたいです。一昨日あたりに見た時は曇り一時雨だったのですが、おかしいなぁ神様はお休みなのでしょうか!?
降水確率30%、最高気温31℃となっております。
もしかして、開場待ちの階段の列は灼熱地獄でしょうか?
ウツセミツアーの時には、もたもたしていたおかげで、階段の上まで行けなくなりそうで焦りました。教訓を生かして、早めに並ばねば!

名古屋のみなさまよろしくお願いします。
posted by 愛茉 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ関連

2009年06月23日

鷲の群

Fly like an Eagleの出演アーティスト情報です。クリックすると公式サイトに飛べます。興味のある方は鷲のように飛んでみてください。

SCANDAL

メレンゲ

OCEANLANE

American Short Hair


上記出演バンドの公式サイトのライブインフォメーションには、その4バンド名とand moreの文字が記されていましたので、more=Plastic Treeと言うことになりますね。ホントに急遽決定したのでしょうね。

それと、先行チケットは各バンドのHPですでに昨日から受け付けているみたいです。それで、今日のお昼過ぎにエントリーした番号が200番ちょっと手前と言うのが、信じられませんが。特にAとかBとか振られてませんので、通し番号でこれならいいのですが。当日入場の際に、何種類もチケットがあり、各チケット同時入場とか、先行チケットの前にさらに特別チケットが優先されるとかじゃないことを祈ります。
と言っても、プラワンマンじゃないので、そこそこの場所で見れればいいのですけどね。ついついクセで熱くなってしまいます(笑)
ググッたついでに各バンドのサウンドをちょっと聴いてみましたけど、割とどこもギターロックなバンドらしいので、ノリも良さそうですし、初めてでも楽しめそうです。

プラが急遽出演決定したように、愛茉もまさかの参戦です。

ところで、出演バンドの頭文字を並べると、SMAPOになります。スマッポ(笑)
posted by 愛茉 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ関連

2009年06月16日

JCBは好会場

お友達からメールが来て、JCBの席番が分かりました。
アリーナでした。
蝙蝠族2daysの時もアリーナだったので、相性がいいと言うか、運がいいと言うか。
下手側ですから定位置で落ち着きます。神番と言う程の良番ではありませんが、まぁなかなか良い席でした。

ちなみにバルコニー席ですけど、建物の階数表示とバルコニーの表示は一致しないので誤解のないように。逆になります。
つまり、建物の階数表示は1F、B1F、B2F、B3Fで、それに対応するのが第3バルコニー、第2バルコニー、第2バルコニー、アリーナになるわけです。また、アリーナを1階席と勘違いしている方が時々いらっしゃいますけど、アリーナはアリーナです。第1バルコニーが武道館で言うところの1階スタンド席になるワケです。

詳しい座席表はこちらをどうぞ。
東京ドームシティー公式サイト
ページ内左上にありますJCB HALLの階数表示をクリックすると、各階数の座席表が表示されます。

激戦区だと心配していたJCBがあっさりと取れて一安心です。
posted by 愛茉 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ関連